自分のブログの低品質な記事を確認する方法

自分のブログで全く閲覧されていない記事を確認する方法」からの続きとなります。

前回まで使っていたエクセルをそのまま流用します。前記事を読んでいない方はこの記事を見る前に、是時閲覧してみてください。

 

低品質の記事を確認する

低品質の記事の定義は人それぞれかもしれませんが、今回は「閲覧数が1以上で、且つ1日1ビュイーされていない記事」とします。

ただし正確に1日1ビューされていることを正確に確認することは自分の頭では厳しかったので、ざっくり2か月半≒75日間として75ビュー以下の記事を「1日1ビューされていない」と定義して抽出したいと思います。

※Googleアナリティクスか抽出した閲覧情報の期間が、
 1カ月間なら30
 1カ月半なら45
 2か月間なら60
 半年間なら180
 1年間なら360
とざっくりした日数で分析します。

 

[集計]シートのA列をそのままC列にコピー&ペーストしてください。

 

次に、D4セルに「=VLOOKUP(C4, 閲覧状況![A列とB列の範囲], 2, FALSE)」と入力してください。

※「 閲覧状況![A列とB列の範囲]」の[A列とB列の範囲]には、VLOOKUP関数の検索範囲として[閲覧状況]シートのA列とB列の範囲を設定してください。

 

D4セルの値をコピーして、D列の末端まで貼り付けてください。これで記事に対するページ閲覧数を参照できました。

 

最後に、E4セルに対して「=IF(D4>=75, 1, 0)」と入力してください。

75ビュー以上の記事が「1」、75ビュー未満は「0」として表示されます。

 

E4セルの値もE列の末端まで貼り付ければ完成です。

E列のうち0が1日1ビューされていない記事、1が1日1ビューされている記事です。

ソートなどして並び順を変えたり条件付き書式で色を変えるなどすると、さらに見やすくなるかと思います。

以上です。



投稿日:2019-10-19    更新日:2019-11-12

[スポンサーリンク]

サイト内検索
プロフィール

プロフィール

[Name : じゃぶじゃぶ(@jbjb_2019)]
都内で社内SEをしているおじさん。
仕事で得られる知識だけでは限界を感じ、 WEBの勉強がてらITブログを開始。
サーバからWEBサイトまでフルスクラッチで開発しました。
現在は勉強のモチベーションを保つために活用中。
興味があることを雑記的に書いていきます。

[スポンサーリンク]

[スポンサードリンク]