【エクセル・Excel】空白セルのカウント、データを含むセルのカウント

普段SEの仕事をしている時にエクセルはとてもよく使います。他のエンジニアの方はどうしているかわかりませんが、自分の場合は作成したプログラムのテストをする際にエクセルは重宝してます。

エビデンスを取る時、値の整合性を取る時に関数をガリガリ使って確認するので、エクセルなしで作業することは自分では考えられません。(テストを自動化している方からするとチープかもしれませんが。^^;)

今回はセルの数をカウントする方法をいろいろ紹介します。

セルの数をカウントする方法

Excel には、空白になっているセル範囲内のセルまたは特定の種類のデータが含まれているセルの数をカウントするために役立ついくつかの機能が用意されています。
使い方としては以下の手順で利用できます。
 
1. 結果を表示するセルを選択します。
 
2. [数式] タブで [その他の関数] をクリックし、[統計] をポイントして、次のいずれかの関数をクリックします。
 
カウント関数の種類として、以下の5つが存在します。
  • COUNTA:空白ではないセルをカウントします。
  • COUNT:数値を含むセルをカウントします。
  • COUNTBLANK:空白のセルをカウントします。
  • COUNTIF:指定された条件を満たすセルをカウントします。
  • COUNTIFS:指定された複数の条件を満たすセルをカウントします。

参考:データ範囲内のセルを数える方法

 

カウント関数の説明

カウントする方法を紹介する際に、以下のような表を使って説明します。

AからD列までが対象データで、E列にはD列(在庫セル)の説明としてデータ型や数式を追記してあります。

テストデータ

 

COUNTA

COUNTA関数は空白ではないセルをカウントします。

例①を見てみると「在庫の内、空白セルではないセル数」をカウントしています。

空白セルは商品コードが008のみのため、9とカウントされます。

['(カンマ)]と[=""]は見た目としては空欄ですが、それぞれ値が入っているので空白セルではありません。

 

COUNT

COUNTは数値を含むセルをカウントします。

数値を含む、と言っても「文字列+数値」は文字列扱いなのでカウントされず、数値型のセルのみカウントされます。

例①では「在庫の内、数値のみのセル数」をカウントしています。

例②では「表全体に対して数値のみセル数」をカウントしています。

 

COUNTBLANK

COUNTBLANK関数は空白のセルをカウントします。

例①では「在庫が空欄のセル数」をカウントしています。

例②では「表全体に対して空欄のセル数」をカウントしています。

自分も実際試して分かりましたが、[空白セル]や['(カンマ)]、[=""]等はすべて空欄として識別されるようです。

COUNTAの場合は['(カンマ)]と[=""]は空欄として識別されていなかったことに注意してください。

 

COUNTIF

COUNTIFはカンマ区切りで対象範囲と条件を指定することで、一致するセル数をカウントしてくれます。

COUNTBLANKの例①と例②を、COUNTIFで表現すると以下のようになります。

 

COUNTIFで指定できる条件として、他にもNOT条件や不等号条件も可能です。

例①では「在庫が空欄ではないセル数」をカウントしています。

例②では「値段が10,000円以上のセル数」をカウントしています。

 

COUNTIFS

CUNTIFSはカンマ区切りで、「検索条件範囲, 検索条件」を繋げることで複数の条件を指定することが可能です。

例①では「在庫が空欄でないもので、且つ値段が10000円以上」のセル数をカウントしてくれます。条件が一致する対象は商品コードが001、004、005、006、007、010の6つです。

例②では「在庫が空欄で、且つ値段が10000円より大きい」セル数をカウントします。条件が一致する対象は商品コードが008の1つなります。

注意点としては、検索条件範囲は行数と列数をすべて合わせる必要があり、一つでも違っていると「#VALUE!」というエラーになります。

たとえは1つ目の検索条件範囲が「D4:D13」だった場合、2つ目の検索条件範囲が「C4:C14」だったり「B4:B13」だとエラーとなります。反対に、「G14:G23」のように行数と列数が同じであれば、正常にカウントしてくれます。



投稿日:2018-11-25    更新日:2019-04-04

[スポンサーリンク]

サイト内検索
プロフィール

プロフィール

[Name : じゃぶじゃぶ(@jbjb_2019)]
都内で社内SEをしているおじさん。
仕事で得られる知識だけでは限界を感じ、 WEBの勉強がてらITブログを開始。
サーバからWEBサイトまでフルスクラッチで開発しました。
現在は勉強のモチベーションを保つために活用中。
興味があることを雑記的に書いていきます。

[スポンサーリンク]

[スポンサードリンク]

最近の記事