【Linux】VsftpdでFTPユーザごとにホームディレクトリを設定する

前回の記事でFTPサーバの構築手順を紹介しました。

今回はその続きとして、FTPサーバへアクセスするユーザごとに、ホームディレクトリ先を変更する方法をご紹介します。

 

設定手順

Vsftpdの設定変更

設定ファイルを編集します。

$ vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

編集内容は以下の通りです。

chroot_local_user=NO
chroot_list_enable=YES
user_config_dir=/etc/vsftpd/vsftpd_conf
chroot_list_enable=YES

 

各ユーザごとのホームディレクトリを指定する

例としてログインユーザが「user01」として説明します。
/etc/vsftpd/vsftpd_conf直下にユーザ名のファイルを作成する。

$ mkdir /etc/vsftpd/vsftpd_conf/user01

 

user01の設定ファイルを編集。

$ vi /etc/vsftpd/vsftpd_conf/user01/config

編集内容は以下の通り。

# local_root=[ホームディレクトリのパス]
local_root=/home/user01/ftp/

 

vsftpdの再起動

/etc/init.d/vsftpd restart

 

 

※ここでトラブル発生:sftpdのユーザ設定を変えてもホームディレクトリが変わらないことがある!

OS側のユーザの設定が問題らいしい。

$ vi /etc/passwd

user01:x:1802:1802::……/htdocs/user01:/sbin/nologin

↓

user01:x:1802:1802::......./htdocs/user01:/sbin/nologin


投稿日:2018-10-15    更新日:2018-10-15

[スポンサーリンク]

サイト内検索
プロフィール

プロフィール

[Name : じゃぶじゃぶ(@jbjb_2019)]
都内で社内SEをしているおじさん。
仕事で得られる知識だけでは限界を感じ、 WEBの勉強がてらITブログを開始。
サーバからWEBサイトまでフルスクラッチで開発しました。
現在は勉強のモチベーションを保つために活用中。
興味があることを雑記的に書いていきます。

[スポンサーリンク]

[スポンサードリンク]