【Linux】tarコマンドで解凍時のエラー「tar: 処理中にエラーが起きましたが、最後まで処理してからエラー終了させました」の対処

linux (CentOS)運用時にtarコマンドで解凍したさい以下のようなエラーが出ました。

 

[usera@localhost /var/tmp]$ tar -xzvf SAMPLE.txt.tgz
SAMPLE.txt
tar: SAMPLE.txt 10240 バイトのうち、4608 バイトのみ書き込みました
tar: 処理中にエラーが起きましたが、最後まで処理してからエラー終了させました

 

いくつ原因はあるかもしれませんが、今回の自分の場合はストレージ周りのエラーでした。

 

原因:

 おそらく解凍時に出力しているディレクトリのディスク容量が枯渇している可能性が高いです。

 まず「df -h」などのコマンドで、残りディスク容量を確認してください。

対策:

 十分に空き容量のあるディレクトリに解凍すればOKです。

 tarコマンドの「-C」オプションで解凍先を指定して実行しましょう!

 

$ tar -xzvf SAMPLE.txt.tgz -C  /tmp/sample/

 

以上です。



投稿日:2019-12-24    更新日:2019-12-24

[スポンサーリンク]

サイト内検索
プロフィール

プロフィール

[Name : じゃぶじゃぶ(@jbjb_2019)]
都内で社内SEをしているおじさん。
仕事で得られる知識だけでは限界を感じ、 WEBの勉強がてらITブログを開始。
サーバからWEBサイトまでフルスクラッチで開発しました。
現在は勉強のモチベーションを保つために活用中。
興味があることを雑記的に書いていきます。

[スポンサーリンク]

[スポンサードリンク]

最近の記事