【レビュー】SAMTIAN撮影ボックスを使って小物を何倍も綺麗に撮る!

ブログに自分で撮った写真を載せてる人で、どうも綺麗に取れずに悩んでいる人がいたら、撮影ボックスをオススメします。

SAMTIANの撮影ボックスがあれば、素人の写真をプロが撮った写真に近づけることができるようになると思います。

まさか自分が撮影器具を買うことになろうとは、、、ブログを始める前は思いもしませんでしたが、思い切って買ってみてよかったです!写真など全然詳しくない自分でも、そこそこきれいに写真を撮れるようになりました。

 

 

撮影ボックスについて

SAMTIANの撮影ボックスの60cmを購入しました。そのほかには40cmのものと80cmのものがあります。

①:撮影ボックス
②:44個LEDライト
③:電源アダプタ+電源コード+調光器
④:背景布
⑤:
ディフューザー

付属品は撮影ボックスの本体に加え、LEDの照明と背景布が6枚(黒、白、青、赤、黄色、グレー)が付いています。

 

撮影ボックスの使い方

60cmの撮影ボックスは結構大きいので、自分はベッドに置いて使っています。(;^^)

全体にを開くとこんな感じ。

そこから四隅を付け合わせていきます。


余白にはすべてマジックテープが付いており、簡単に着脱が可能です。

次に、背景布を奥の側面と下面に沿うように設置します。自分は良く白色の布を使います。

自分はここからよくディフューザーを使います。

ディフューザーは光を拡散させる役割があり、ボックス全体を均一に明るくすることができます。

さらに、携帯やタブレットなど画面が証明を反射させやすいものを撮影する時に、画面の光の映りを多少抑えることができます。

撮影ボックスにはマジックテープで取り付けることができます。

こんな感じで簡単に取り付けられました。

最後にLEDライトを取り付けます。LEDライトの両サイトがフックのような形状になっており、撮影ボックスの側面にかけるように取り付けます。


 

設営できました!!

あとは撮りたいものをボックスの中に配置し部屋の照明を消せば、もうそこは撮影スタジオそのものです!

( ・`◡・´)

 

 

さらに、真上からのアングルの撮影にはボックスの上面に付いている撮影穴がとても便利です。

上からのアングルだと自分の影が邪魔をしてしまい、うまく撮影することができません。

しかし、撮影ボックスを使えばLEDライトの上から撮影が可能なので、自分の影が落ちることはありません。良くできた構造ですね。とても便利!!

 

 

撮影ボックスで撮った写真と普通に撮った写真の比較

最後に撮影ボックスで撮った写真と、使わずに撮った写真の比較画像を載せておきます。

HHKB側面

HHKB正面

Fire HD 8 タブレット側面

Fire HD 8 タブレット正面

 

レビューは以上です。

 

 



投稿日:2019-12-11    更新日:2019-12-22

[スポンサーリンク]

関連記事
勉強した内容を緩くメモする|JBの技術メモ
勉強した内容を緩くメモする|JBの技術メモ
勉強した内容を緩くメモする|JBの技術メモ
勉強した内容を緩くメモする|JBの技術メモ
勉強した内容を緩くメモする|JBの技術メモ
勉強した内容を緩くメモする|JBの技術メモ
サイト内検索
プロフィール

プロフィール

[Name : じゃぶじゃぶ(@jbjb_2019)]
都内で社内SEをしているおじさん。
仕事で得られる知識だけでは限界を感じ、 WEBの勉強がてらITブログを開始。
サーバからWEBサイトまでフルスクラッチで開発しました。
現在は勉強のモチベーションを保つために活用中。
興味があることを雑記的に書いていきます。

[スポンサーリンク]

[スポンサードリンク]